マリッジブルー

マリッジブルーでオ悩みの方へ!

 

結婚前にこの人で本当に良いのだろうか?
と不安になる・・・・・
そんないわゆるマリッジブルーでお悩みの方へ
当サイトではよくあるマリッジブルーの悩み、
様々な体験談を元に同じような悩みを持っている方、
過去のマリッジブルーをどのようにして克服したか?
についての情報をシェアしていきます。

これってマリッジブルーなんですか?

結婚前になって思います。
みなさん何を感じて「この人だ」って決めるのか…


昔「ビビビときた」とかテレビでも言うて結婚したりしていましたよね。
そんな事が全員にあるわけでもないですよね。
ただ付き合ってる人にプロポーズされたとか…
プロポーズする側もなぜ今を選んだのか?
考えても考えてもきっと正解なんてないのでしょうし、50年経って「この人で良かった」と思うものなのでしょう。


結婚を決めた時は「この人とならおばあちゃんとおじいちゃんになっても手をつないで歩ける」と思いました。 それが私の夫婦の理想。
彼は大切ですし出逢ってから今でもずっと恋しています。たくさんお付き合いした中でも一番落ち着きます。


でも結婚を前にしてこの人しかいなかったのかと考えると…
まだまだ世の中には色んな人がいるし、この人の子供を産みたいとか一緒にいたいとかそういう純粋な思いではなく、
ただ自分の年齢を気にしたのではないかなど考えてしまいます。


もう突き進むしかないですし、直前になってこんな思いになるとは思っていませんでした。
きっとこれもマリッジブルーの一つなんですかね。

私は既婚者です。
現在100%幸せとは思いませんがなんとなく毎日を過ごしている一人です。

結婚前に注意すべきことがあります。それは確信たるものです。
それは相手と相手の親はほぼ同じであるということです。


これは結婚してみないとわからないところもありますが、先見性のある人親から言われている人は理解できると思います。
私ごとですが、私の妻と、妻の父(義父)はほぼ同じです。
では私はこの義父が好きかと言うと大嫌いです。

嫌いな出来事があって嫌いになっているのですが、
出来事があってからというものの、妻を見ていたり、考えたりすると、この義父が頭にポッとでてきます。
嫌な思いをします。ふと、別な人と結婚すればよかったな〜なんて、妙なことも考えてしまいます。
それほどに義父がきらいです。嫌いになった内容は書けないのですが


結婚してからがいろいろなことがあると思います。
ですから、より幸せな結婚を目指すなら、相手を見ることは もちろんながら、もっと見なければならないのは、相手の親の常識度だと思います。
これがOKであれば、結婚後もいい生活になると思いますよ。

続きを読む≫ 2014/07/29 09:58:29

結婚前に私が不安なのは、
やはり結婚を長続きさせることができるのかどうか?という一点に尽きます。
長い間生きてきてわかったことですが、人間の価値観というのは決して一定ではありません。
昨日好きだったものが今日嫌いになっている、などということは決して珍しくないのです。


 私は過去に何回かとても好きになった女性がいますが、
今でもその女性のことが好きかと言われればNOです。
あんなに好きになった女性なのに、その好きになった気持ちはどこへ行ってしまったのだろう?というくらい、もう忘れてしまっています。


 ですから、同じように結婚をするときは結婚相手のことをマックスで好きだったとしても、
その気持ちが長続きする自信がないのです。
今は、離婚するつもりがまったくないくらい結婚相手を愛していたとしても、
その気持ちがゼロになるくらい自分が変わってしまうことが怖いのです。


 ただ、そんなことを恐れていたら一生結婚はできませんので、
どこかで踏ん切りをつけて結婚する覚悟を決めなければいけないと私は思っています。

続きを読む≫ 2014/06/30 23:11:30

結婚したくても出来ない悩みも辛いですが、
結婚するにあたっての悩みもやっぱり辛いものだと思います。


当然ですが、全ての結婚生活が幸せであり続ける訳ではありませんよね。
私の場合は「お金」の心配が一番でした。
なぜかというと、私の両親がまさに「金の切れ目が縁の切れ目」だったからです。


私の父は過去に自営業を営んでいました。
時代はバブル景気真っ盛りで、幼い頃の私は随分贅沢な暮らしをさせて貰っていたようです。
ただ、バブル景気の終焉と共に業績は悪化、家計も苦しくなってしまいました。

実際、私は私立の高校に通っていましたが、学費を払い続ける事が困難になったため
結果的に中退を余儀なくされ、働く事になりました。


それは別に仕方のない事だ、社会に出てもその気になれば学ぶ事は出来ると
諦めもつきましたが、どうしようもなく辛かったのが家計の苦しさと比例して
父と母の仲が険悪になっていった事でした。


父も母もさほど苦労せず育ってきたようで、
一度上がってしまった生活レベルを身の丈に合わせる事が出来ない人でした。
そんな状態を改める事が出来ないまま、結婚生活を続ける事は不可能なんですね。
富めるときも貧しきときも、なんて誓いの言葉は所詮建前という事でしょう。


そんな私が気がかりなのが、結婚予定の彼女の事です。
彼女は消費への我慢があまり出来るタイプではありません。
計画性がないと言われればそれまでですが、彼女のお腹には子供もいます。
今さら結婚を拒む事は出来ません。

続きを読む≫ 2014/06/05 09:53:05

私は元々結婚願望があまりありませんでしたが、アラフォーにして「この人だ!」と思える人 に出会えたので結婚しました。アラフォーでの結婚だったので、周りから結婚の善し悪し、
いや悪しの部分を中心にいろいろ聞いていたので、
結婚前に冷静に「本当にこの人と結婚していいか。」といつくか自問自答してから結婚することが出来ました。


なので現在結婚4年目ですが「本当にこの人と結婚して良かった」と今でも思えています。
私が一番最初に考えたことは「この人の両親の介護が出来るか。」ということです。
結婚は相手だけとするものではありません。


結婚と共に、相手の両親や兄弟とも家族になるんです。
本当に好きな相手であれば、その親の介護も積極的に頑張ろうと思えますよね。
次に考えたことが「相手の欠点部分を一生自分がカバー、もしくは我慢出来るか。」ということです。


結婚前の時点で「自信がないな〜。」と思うようであれば、その結婚は考え直したほうがいいかもしれません。
なかなか性格は直りませんからね。(お互い様ですが。)
結婚は一時のものではなく一生のもの。
よく考えて決めるべきだと私は思います。

続きを読む≫ 2014/05/29 22:38:29

当時バブルの前兆期で、主人のお給料やボーナスは年齢のわりに多くて私の両親はお金の面で苦労することはないだろうというのも理由の一つで結婚を許してくれました。
デートの時は全部主人が支払ってくれましたし、プレゼントしてくれるものも高価なものでした。


結婚後も私が欲しがる物は何でも買ってくれましたし、自分と私の両親へも旅行をプレゼントしたりととにかくきっぷが良かったのです。
結婚後はじめてのボーナスの日、これだけあったんだけどそのうち飲み屋の付けを払ったから残りはこれだけねと明細を見せてくれました。
独身時代に他の独身社員と毎日外で食事を済ませて帰っていることは知っていました。


しかし、その額がなんと70万。
いくら多くもらっているからと言っても、これでは今後の生活が不安です。
家もほしいし、子供ができたらお金がかかります。


そのことを具体的に金額を出しながら主人に話し、理解してもらうよう努めました。
独身仲間と外で飲む回数はすでに減っていたので、継のボーナスからはつけの支払いはなくなりました。
あったらあるだけ使うという金銭感覚を結婚するまで知らなかったから、結婚後慌てました。
こんなことがないように結婚前に相手の金銭感覚や借金のあるなしの確認はしておいた方がいいと思います。

続きを読む≫ 2014/05/19 03:54:19

付き合っている場合のセックスレスと、結婚してからのセックスレスでは全く違うものだと思っています。
私自身、草食系といいますか、あまりセックスに対して興味がないというか、なければないでいいかなと思うタイプです。
けれど、結婚して全くないとそれもどうなのかなと不安になります。


じゃあ、今からある程度のペースでって考えれればいいのですけれど、それがなかなか出来ないのです。結婚してから求めるというのもちょっと嫌ですよね、女性の立場からしたら。

本音を言えば、セックスなんてなければないでいいんです。
他に違った楽しいこと、私たちの場合は旅行や食事などです。
そのような楽しみがあるので、そこはいいかなと思いますけれど、やっぱり結婚したからには子供が欲しいです。
子供が欲しいから結婚すると言ってもいいのかもしれないです。


長く付き合っていると、情で一緒にいるという感じだったり、または楽なんですけれど、
先を見た時に、セックスレスで子供がいないというのは、女性からしたらすごくみじめな感じになってしまうような気がして不安です。
不妊症で頑張って治療して出来なかった場合とは訳が違いますから。
しかし、今からセックスを好きになれるかと言うと、それも無理だと思います。

続きを読む≫ 2014/05/12 03:12:12

夫がマザコンだとわかったのは婚約してからでした。
夫は当時、実家を離れ一人暮らしをしていたのでマザコンだということに気付きませんでした。
しかし、思い返してみれば、すべて義母のいう通りにしていたのです。
発端は婚約指輪を買ってくれたことでした。


夫は一人暮らしで貧乏だったので、婚約指輪は買わないと二人で決めていたのに、ある日突然買ってくれたのです。
そんなに貯金もないはずなのに「これどうしたの?」
と聞くと「母が買いなさいと言ったから」と言うのです。実は指輪代を義母が送ってきて「あとで妻に文句を言われたら困るから、
とりあえず買っておきなさい」と言われたそうです。


この時「まさか」とは思いましたが時すでに遅し、私は妊娠していました。それからは結婚式の段取りから始まって、新婚旅行には義母が付いてきました。
その後、義実家のそばに引っ越すことになり、さらに義実家の仕事を継ぎました。
もう義母の思う壺です。


夫は今も義母に頭が上がらず言いなりです。自分の作った家族よりも母が大事だとも言いました。
こんな男を捕まえないように、もし彼氏がお母さんのことを話し始めたら、注意深く話を聞いて下さい。
そしてお母さんに絶対の信頼を置いている人は要注意です。彼氏はマザコンかもしれません。

続きを読む≫ 2014/05/12 03:05:12